ちちれもんのきおく

キャンピングカー”アミティ”とミニチュアダックス”れもん”のきおくです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あくまでも、ちちれもん(v208)のきおくです。



ランキングに登録しました。
クリックお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

竹田城&朝来(あさご)旅(その3)

竹田城&朝来(あさご)旅(その3)

2012.10.28 
「道の駅 まほろば」で車中泊をしましたが、
この道の駅は、北近畿豊岡自動車道(無料区間)に併設されていて、
ナビで道の駅にセットすると、裏口?のようなところの駐車場に着きます。
そこからは、北近畿豊岡自動車道側の駐車場にはいけないので、
和田山ICか山東ICから乗る必要があります。
(上りと下りの駐車場の連携もありません。3箇所別の駐車場がある感じです。)

隣接した朝来市埋蔵文化財センター「あさご館」で、パズルをしました。
(入館料:無料)
DSCF7576_R.jpg

「方墳」・「前方後円墳」・「円墳」完成
DSCF7580_R.jpg

にしわき経緯度地球科学館「テラ・ドーム」に向け出発。

北近畿豊岡自動車道(無料)を走り、途中の遠阪トンネル代300円を払い、
道の駅 青垣に寄り道しました。

そばを食べて、
DSCF7640_R.jpg

併設の「丹波市伝承館」では、丹波織りの勉強をしました。
綿花を種と綿に分ける作業体験
DSCF7651_R.jpg

糸つむぎ体験
DSCF7655_R.jpg

機織も体験
DSCF7659_R.jpg
色々体験させて頂きました。

「テラ・ドーム」到着
PA280863_R.jpg
日本へそ公園の中にあります。
PA280864_R.jpg

入り口はこじんまりしています。
(入場料:大人510円 小学生:100円)
PA280865_R.jpg
ここでも、お勉強
PA280875_R.jpg
&運動?
PA280884_R.jpg
いろんな星の体重計もありました。
PA280867_R.jpg
プラネタリウム(小さいですが)も無料で見れました。
は、気がつくと終わっていました。何も覚えていません。


いっぱい、勉強して遊んだので、
白雲谷温泉ゆぴかで温まってお家に帰りました。
(大人:600円 子供:300円)

の独り言:最近の道の駅は、遊べるところがあり充実しているな~

あくまでも、ちちれもん()のきおくです。

あくまでも、ちちれもん(v208)のきおくです。



ランキングに登録しました。
クリックお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
スポンサーサイト

| 竹田城&朝来旅行 | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竹田城&朝来(あさご)旅(その2)

竹田城&朝来(あさご)旅(その2)

2012.10.27 竹田城から雲海を見た後は、
「海鮮せんべい但馬」で、せんべいの試食と無料コーヒーを頂きました。
DSCF7558_R.jpg

ここでの目的は、つまみ食いよりも、隣にある、「旬菜市場 但馬」
DSCF7559_R.jpg

ここで、
DSCF7557_R.jpg
アイスを買うことです。
ソーダアイスが、30円で売っています。

生野銀山へ向かう前に寄道をして子供2を遊ばせました。
ヒメハナ公園
DSCF7574_R.jpg

遊具
DSCF7571_R.jpg

滑り台
DSCF7566_R.jpg
滑り台のマットも置いてあります。
DSCF7562_R.jpg
小さな子供たちに混ざって、子供2は大喜びでした。

竹田城から遠回りをして、生野銀山に行きました。
DSCF7585_R.jpg
DSCF7615_R.jpg

子供2はお勉強。
「ノミ」ってなに??などなど
DSCF7593_R.jpg
DSCF7599_R.jpg

坑道は、1000m位の道のりでした。
DSCF7600_R.jpg

でも、一番喜んだのは、
DSCF7620_R.jpg
「金銀錫のすくい採り」(30分500円)
錫(すず)と銀は見つけましたが、金は発見できず。
残念。

冷えた体は、奥香の湯で温まりました。
(大人:600円 小人:350円)
DSCF7625_R.jpg
駐車場は、道向かいにも屋根の無い駐車場があります。

この後、道の駅 まほろばにお世話になりました。

の独り言:生野銀山の閉山は昭和48年ってことは、は産まれている。


あくまでも、ちちれもん()のきおくです。

あくまでも、ちちれもん(v208)のきおくです。



ランキングに登録しました。
クリックお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

| 竹田城&朝来旅行 | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

竹田城&朝来(あさご)旅(その1)

竹田城&朝来(あさご)の旅(その1)

2012.10.26~28 竹田城&朝来方面の旅行記です。
東洋のマチュピチュ(天空の城)と言われる竹田城、
は無く石垣のみの城跡ですが、雲海に浮かぶ姿がとっても美しい。らしい。

キャンピングカーの良いところは、予定を考えず旅に出れること。
お暇なは、子供2をそそのかし、雲海を目指し急遽旅に出ました。

道の駅にお世話になろうかと思いましたが、駐車場にトイレがあるようなので、
一番近い中腹駐車場でお泊りすることにしました。
DSCF7556_R.jpg
トイレは、24時間使用できますが、男性:小×2・大×1 女性:不明
TVは受信不可&携帯(ソフトバンク)もぎりぎり圏内。
山城の里方面からの一方通行です。

0時頃到着しましたが、駐車場には、たくさんの車が泊まっていました。

5時には中腹駐車場は満車、路駐の車もありました。
DSCF7479_R.jpg
真っ暗&真っ白です。
それより、寒い。

ご来光を目指し出発しましたが真っ暗&真っ白、
でも、人の流れについていくと、15分
DSCF7484_R.jpg
竹田城に到着しました。
でも、真っ白

6時になると、夜があけ始めました。
DSCF7501_R.jpg
DSCF7509_R.jpg

振り返ると
DSCF7514_R.jpg
人だらけ

ご来光
DSCF7527_R.jpg

6時30分には、真っ白
DSCF7532_R.jpg

駐車場まで降りると、門を見ることが出来ました。
DSCF7554_R.jpg

の独り言:とっても綺麗な雲海を見ることが出来たけど、雲海に浮かぶ竹田城は、立雲峡から見るの

次は、生野銀山??

ちちれもんは気まぐれです。
「旅行記」や「れもん」や「キャンピングカー」を思い立ちで、きおくしていきます。

あくまでも、ちちれもん()のきおくです。

あくまでも、ちちれもん(v208)のきおくです。



ランキングに登録しました。
クリックお願いします。
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

| 竹田城&朝来旅行 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。